TerrafromでConoHaを操作する

やってみたメモです。

認証情報の確認

TerraformでConoHaを利用するには、次の情報が必要です。

  • テナント名/テナントID
  • Identity Service URL
  • APIユーザー名/パスワード

以下の手順で確認していきます。

  1. ConoHaの管理コンソールにログインして、APIメニューを開きます。
  2. テナントID/テナント名を控えておきます。
  3. エンドポイントのIdentity Serviceを確認します。
  4. APIユーザー名を確認します。パスワードがわからない場合は、ここで変更しましょう。

Terraform

<任意の名前>.tfファイルを作成してつぎのように編集します。

provider "openstack" {
  user_name = "<APIユーザー名>"
  password  = "<パスワード>"
  tenant_name = "<テナント名>"
  auth_url = "https://identity.tyo1.conoha.io/v2.0"
}

resource "openstack_compute_instance_v2" "basic" {
  name = "basic"
  image_name = "vmi-ubuntu-16.04-amd64-unified"
  flavor_name = "g-1gb"
  key_pair = "<登録しているキーペア名>"
  security_groups = [
    "default"
  ]
}

terraform applyすれば、出来上がりです。

カテゴリー tech

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です